てにをはいれぶん

3.11の記録  

ブログに掲載しようとは思っていなかった写真たち
ご覧になった方に何かが伝わればと想い掲載する事にしました。
2014.3.11




「凧揚げ」

津波により辺り一面更地となってしまった我が家の前で凧揚げをする兄妹



名取市閖上






IMG_9952.jpg
「今会いに行くよ」

自転車をこぐじいちゃんと孫娘
今行っがらな~





IMG_9953.jpg


おとうさんにまつぼっくりあげるんだ!
じてんしゃにひとりでのれるようになったっておしえるんだ!
ほじょりんなしでのれるんだよ。





IMG_9955.jpg



じいちゃんまってよ~




IMG_9959.jpg



名取市閖上港



IMG_9962.jpg

時間が経ち願いごとの
「早く復興しますように」の文字は
「早く復興しますよ」に変わっていた。



名取市閖上日和山


コメント

てにをはさん
こんにちは
さくらぱんです。

以前は、名取市閖上に住んでいたのですね。
内陸部に住む私には、計り知れぬほどの辛いご苦労をされてきたのですね。
てにをはさんが、震災に並々ならぬ強い思い入れがあることを改めて知りました。
辛い記憶の入り混じる貴重な作品の公開の決断をありがとうございます。

閖上には、子供会の行事で何度かお世話になりました。
中洲での地引網体験、サイクリングセンター・・・
どれも馴染み深いものです。

平野部には、津波は来ないものと信じられていました。
それが、私の常識でした。
あの日が、来るまでは。

震災から、もうすぐ四年。
ということは、震災を知らない子供は、四歳ということ。
もしかしたら実体験していても、2~3歳だったら、
忘れているのかも知れないですね。
この子も、何歳なのかしら?
これから、どんどんそんな世代が増えていくんだなと思うと、
てにをはさんや名取の語り部さん達のように、伝える努力をしないと、
風化の一途を辿るのではと思います。

松ぼっくり 元旦の誕生花です。
マツ(松)の名は、古くから神の宿る神聖な木とされていて、神が木に宿るのを待つところから名づけられたとも、行く末を待つことからともいわれ、他にも多くの説があるそうです。

沿岸部には松が多く植えられています。
てにをはさんと、この作品の子供とニケ、時は経ち・・・・・・
行く末を待つを強く感じました。

復興してしますよ。
そうですね。
亀の歩みでも、大きく報道されずとも、復興していると思います。

この女の子は、とても逞しく、頼もしく感じ、閖上の未来が明るいものに感じました。

いろいろと思いが巡り、簡潔にと思っていたのに結局、長文になってしまいました。長文、失礼しました。

さくらぱん


さくらぱん #H6hNXAII | URL
2015/03/03 17:05 | edit

初めまして。
ブログ訪問履歴からやってきました。
ブログ訪問ありがとうございます。

写真がすばらしいのもさることながら、
その題材に、そして掲載に胸を打たれました。

いぼ仙人 #- | URL
2015/03/03 20:47 | edit

Re: タイトルなし

さくらぱんさん

コメントありがとうございます。
望むと望まざると月日は流れていきます。
自転車に乗れなかった子は乗れるようになり子供達は日々成長を続けています。
私なりに写真を通して何かを伝えられればと思います。

てにをは #- | URL
2015/03/07 18:52 | edit

Re: タイトルなし

いぼ仙人さん

初めまして、コメントありがとうございます。
内容的にブログに掲載するつもりは無かったのですが
もしかしたら、誰かに何かが伝わるのではと考え掲載する事にしました。
何かを感じて頂けた様子で掲載した甲斐がありました。

てにをは #- | URL
2015/03/07 18:55 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://teniwoha11.blog.fc2.com/tb.php/65-fa1cd233
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top